女性にモテるためのツッコミテクニック

女性を落とす方法

女性にモテるためのツッコミテクニック

女性にボケたつもりがなくても、
あなたがあえてツッコミを入れてボケさせたような状況にすることで
女性の話をちゃんと拾って笑いに変えるというテクニックです。

ツッコミ上手な人は男女問わずモテます。

特に女性はイジられたりからかわれたりするのが好きなので
話の中にツッコめるところは無いか、逐一探ってみてください。

例えツッコミ

例えがうまい人は「頭の回転が速い」と高評価です。

例えツッコミの単純な例だと、女性があなたに年齢を聞いてきた時に
「○歳・・・誰がオッサンやねん」というような返しをしたり、
固まっている女性に「Windows95か」と言うようなことです。

少しレベルは高いものの、何かに例えてツッコミができるのが理想です。

ボキャブラリーの引き出しがある程度必要ですが
考える癖をつけていると意外とひらめいたりします。

フットボールアワー後藤さんの「スマートツッコミ」が非常に参考になるので
イメージを沸かせてみてください。
すぐに使える後藤 スマートツッコミテクニック

さり気なく

お笑い芸人のような激しいツッコミではなく、会話の節々でさり気なく
少し面白い返しを意識してみるだけでも十分です。

むしろツッコミに限らずボケで返すパターンもアリです。

女性があなたに「カッコいい」と言った時

「棒読みじゃん」(謙虚に)
「何が欲しいの?」(「何も出ないよ」はあまり面白くないです)

女性があなたに「モテるでしょ」と言った時

「うん、男に(おばさんに)」(謙虚に)

女性が意味もなく同じことを繰り返した時

「なんで2回言ったの?」(どうでもいいようなことですが女性ウケはいいです)

女性が下ネタを話した時

「え?ホテル行きたいって言った?」
(変換して聞き返します。後で「嘘だよ」とフォローしてください)

女性がダイエットをすると言った時

「それ以上痩せたらペラペラになって見えなくなるよ」
(「そのままでいいよ」という優しさをひねって伝えます)

とにかくイジる

もはやツッコむまでもないあからさまなボケだったりした場合は
何も言わずに女性の頭をぺしっと叩いてもかまいません。
女性は頭ぺしっが好き

また、女性は冗談でなら「コラ」や「ヤメなさい」と言われると喜びます。
これがガチで叱られているとなるとまったく話は別です。

ツッコミ上手な男性と話していると楽しいですし
きちんとボケを拾ってくれたりからかわれると
ちゃんと自分の話を聞いてくれているんだと実感できます。

ただ、女性の容姿に関してイジるのはリスキーなのでやめておきましょう。

関連記事

  1. 女性は複数の男性と連絡を取っている

    女性を落とす方法

    女性は複数の男性と連絡を取っている

    SNSなどが発達した今、女性にはあなた以外にも連絡を取っている男性…

  2. 女性の心を掴むのに大金は要らない

    女性を落とす方法

    女性の心を掴むのに大金は要らない

    女性を落とすのにはたくさんお金が必要だと思っていませんか?デー…

  3. 女性は追いかけたい

    女性を落とす方法

    女性は追う恋愛の方が燃える

    実は、女性は追いかけられるよりも追いかけたいタイプの方が多いんです。…

  4. ブサイクがモテないと思ったら大間違い

    女性を落とす方法

    ブサイクがモテないと思ったら大間違い

    顔に自信が無いからといって何も気にすることはありません。イケメンで…

  5. 女性の弱みに付け込んで落とす

    女性を落とす方法

    女性の弱みに付け込んで落とす

    女性は傷つきやすい生き物です。そして傷ついている時に優しさに触れる…

  6. 女性はギャップに萌える

    女性を落とす方法

    女性はギャップとチラ見せに弱い

    女性は飽きっぽい生き物で、常に刺激を求めています。そんな女性を夢中…

女心講座とは?

女性の気持ちや求める男性像、理想のセックスについてなど様々なシーンごとにお話しています。
女性を満たすために女心を知るのではありません。
女心講座は女性の特性と考え方を理解した上で、あなたが恋愛をコントロールしていくための方法をお伝えするレクチャーサイトです。

service_banner

おすすめトピックス

  1. 匂いと音で女性に記憶させる
  2. 女性にメールを送る頻度
  3. 女性とのドライブデート
  4. 女性はサプライズが好き
  5. メールを使ったデートの誘い方

ピックアップ

  1. 匂いと音で女性に記憶させる
  2. 女性がボディータッチしてきた時は?
  3. 女性は共感を求める
PAGE TOP