「女心が分からない!」そんな男性に女の気持ちや本音をお伝えする、女性による恋愛講座です。

愛撫のしかた

女性と身体を重ねる時に愛撫は必須です。

挿れてしまうのは簡単ですし、実際に挿入だけでも女性は感じます。

ですが本当は比べ物にならないくらいの快感を与えることもできます。
そのためにはどうしてもじっくりと時間を掛けることが必要です。

前戯には本番よりもたくさん時間を使ってください。
最低でも女性があなたに「お願い、もう我慢できない」と言うまでです。
セックスは女性に懇願させる

ベッドに入る前から始まっている

ベッドに誘う前にムード作りを行なっていますか?
セックスは既にそこから始まっています。

まずは女性と身体の距離を近付け、密着するところまで持っていきます。
そして女性の頭を優しく撫でてあげます。

心を許しうっとりしているようなら、女性の顔に手を触れ、おでこや耳にキスします。
女性が求めていると感じるまで唇にはしません。

唇にキスする時はセクシーな目線で唇を見つめてください。
そのままそっと唇に親指を這わして、顔を斜めにして近付きます。
あなたの唇は薄く開いたまま、ゆっくりとキスをします。
心がとろけるようなキスをして

ディープキスに入るのは、一旦女性を抱きしめて髪を撫で
その後でもう一度軽いキスを何度か交わしたあとです。

これくらいもったいぶらないと女性のスイッチは完全に入りません。

女性を気持ち良くさせるには「焦らすこと」と「愛情表現」が絶対条件です。

ベッドに入ったら

自分で脱ぎたがるようなら女性に任せてもかまいませんが
基本的に服を脱がすのはあなたの仕事です。

その時ももちろんさっくりと裸にさせるのではなく
色々なところにキスをしながら、身体を触りながら、
少しずつ姿を現す女性の肌をじっくり楽しんでください。

下着姿になったら「エロい」だとか「セクシー」だとか言ってあげましょう。
ランジェリー姿は一般に「イヤラシイ姿」の象徴であり女性もそれを分かっていますので
すぐに脱がさず自分の姿に酔わせます。

ここからが本格的な愛撫です。

愛撫のしかた

下着姿のまま抱きしめたりキスをしながら、半裸で身体を重ね合います。
そして身体中をゆっくりと撫でまわします。

女性はそろそろ自分の性感帯に触れてほしくなってくる頃です。

でも女性のスイッチはここでやっと半押しくらい。
あとはあなたの愛撫で女性に「もう我慢できない」と言わせるところまで持っていきます。

愛撫で胸と性器をいきなり触りだすなんてもってのほかです。
心当りがある男性は今すぐやめてください。

下着を付けた状態でさえ、簡単に触れてはいけません。

特に下は薄い布で隔たれているだけなので敏感です。
こんなところで触れてしまってはもったいないので
いちばんの性感帯は最後まで大事にとっておいてください。

女性の性感帯

女性が感じる部分は人それぞれですが、多くの女性に共通している性感帯は
耳、舌、歯茎、首、胸、指先、背中、おへそ、性器、脚の付け根などです。

ところが、スイッチが入ると全身が性感帯に変わってしまうのが女性です。

性感帯に触れると主に身体が反応するか声が漏れます。
これが全身になるとどこに触れても身体をビクビクさせます。

その状態にさせるためにもじっくりゆっくり愛してあげましょう。
これには身体の刺激だけでなく心を満たすことが大切です。

性器に次ぐ性感帯である胸を攻める時は、すぐ先端に触れては絶対にダメです。
触れそうで触れない状態を続けましょう。

焦らすと女性はどんどんセックスにのめり込んでいきます。

女性が反応を見せたら「かわいい」「ここが好きなの?」と声を掛けます。
セックスの時に黙らないで

「恥ずかしい~」などと照れているようではまだ足りません。
女性は精神的に気持ち良くなると身体の中心がゾクゾクするような感じに襲われます。
余裕がなくなり「あ・・・あ・・・」くらいしか言えないようになります。

このような状態になったらいよいよ下を攻めてあげる頃合いです。
いちばんの性感帯を攻める時は

LINE_banner

もしも上記をお読みいただいても疑問が解決しなければ・・・
麗に直接お悩みをお話しください。

本命の女性にアプローチする前に、ご一緒に不安を取り除きましょう^^

  人気ブログランキング(女の本音・女心) にほんブログ村(女の本音・女心) JRANK人気ブログランキング(恋愛) FC2ブログランキング(モテ)

関連記事

女心(メゴコロ)講座とは?

女性の気持ちや求める男性像、理想のセックスに
ついてなど様々なシーンごとにお話しています。
女性を満たすために女心を知るのではありません。
女心講座は女性の特性と考え方を理解した上で、
あなたが恋愛をコントロールしていくための方法を
お伝えするレクチャーサイトです。

ブログランキング

rank1 rank4 rank2 rank3
man_banner   service_banner