女性が喜ぶキスのしかた

女性の扱い方

心がとろけるようなキスをして

想いが通じ合った時のキスは本当に気持ち良いものですよね。

でも、ただ唇を合わせて舌を絡めるだけがキスではありません。

女性が好きなキスのしかたについてお話します。

除々に唇へ

セックスが分かりやすい例ですが、
女性は時間を掛けてじっくり愛してほしい生き物です。

キスもムードが重要。
ムードを作るか作らないかでその先の展開が大きく変わります。
気持ち良いキスをしてあげるほど女性はあなたを求めます。

まずは2人の身体的距離を縮めていくことから始めてください。

男性にとってはめんどくさいことでも
女性をその気にさせるには大切なことです。

髪を撫でてあげたり「かわいいね」と言ってあげたりすると
除々に女性の心はほぐれていきます。

キスもいきなり唇にするのではなく、
まずはおでこや頬に触れるように優しくしてあげます。

触れるのは唇だけじゃダメ

キスする時は、あなたの手を女性の顔に添えてください。
顔を男性に触れられると女性は気持ちが一気に高まります。

あごを引き寄せるのはキザなイメージが強いので触れる場所は頬です。

そして口元を見て、顔を斜めに傾けてゆっくり唇を近付けます。
その時に唇は若干開いているくらいの方がセクシーです。

唇にキスをしたら一旦顔を離し、頭を撫でます。
ここでもう一発「かわいい」と言います。

唇だけでなくおでこ、頬、耳などにも何度か軽いキスをしながら
女性をじわじわとあなたのペースに引っ張ります。

そのうち女性は唇だけじゃ物足りなくなってきます。
舌を入れるタイミングも焦らした方が効果的です。

ディープキスも優しく

ディープキスは激しければいいってものではありません。
むしろ口がべとべとになるほどのキスは女性には不評です。

舌をやたらに動かすのではなく、
優しくねっとり絡めるくらいがちょうど良いです。

キスはいいけどディープキスはイヤという女性は
初体験でもない限りそうそう無いかと思いますが、
もし女性が舌を出してこなかったら
キスしながら小さな声で「・・・舌出して」と言ってみます。

それでも嫌がるようなら無理強いはせずに
ゆっくり唇を離して「ごめんね」と言って抱きしめてあげてください。

女性はキスでも感じます

女性はキスだけで感じます。
キスしたあとに濡れていることもあります。

でもこれは好意を寄せている男性だからこそ。

キスしている時に女性が声を漏らしたり、目がとろーんとなっていたり
あなたの服をぎゅっと掴んでいたりすれば、感じているかもしれません。

Mな女性ならここで「・・・きもちいいの?」と聞かれるとスイッチが入ります。

ホテルに行くなら女性の興奮が冷めないうちに。
さっきの興奮を思い出させるためにもう一度ねっとりとキスをしてあげましょう。

関連記事

  1. 女性の褒め方

    女性の扱い方

    褒めて褒めて♪

    褒められて嬉しいのは男性も女性も同じですね。女性はいつだって「…

  2. 女性は精神的に弱い

    女性の扱い方

    女性は弱い

    女性は体も心も弱い生き物です。男性にとってはいつもキャッキャは…

  3. 女性は「好き」が聞きたい

    女性の扱い方

    言葉で言ってくれなくちゃ分からない

    男性は「行動で示すこと」を求める傾向がありますが、女性はどうしても…

  4. 頭なでなで

    女性の扱い方

    女性はやっぱりなでなでと抱っこが好き

    ブラマヨの吉田さんがとある番組で言っていました。「女なんてとりあえ…

  5. 少女マンガで女心を知る

    女性の扱い方

    少女マンガで女心を知る

    あなたは少女マンガを読んだことがありますか?「少女マンガで女心…

  6. すぐに「別れる」と言う女性の心理

    女性の扱い方

    すぐに「別れる」と言う女性の心理

    女性は些細なことですぐに「別れよう」と言ったりします。ちょっと…

女心講座とは?

女性の気持ちや求める男性像、理想のセックスについてなど様々なシーンごとにお話しています。
女性を満たすために女心を知るのではありません。
女心講座は女性の特性と考え方を理解した上で、あなたが恋愛をコントロールしていくための方法をお伝えするレクチャーサイトです。

service_banner

おすすめトピックス

  1. 間違いメール
  2. 話の聞き方
  3. レディーファースト
  4. 女性は複数の男性と連絡を取っている
  5. 少女マンガで女心を知る

ピックアップ

  1. 女性が喜ぶキスのしかた
  2. 女性ができないことをさらっとやる
  3. 女性は追いかけたい
PAGE TOP