心理的なテクニックで興味を持たせて女性を落とす方法

女性を落とす方法

心理的なテクニックで興味を持たせる

男女問わず、人は「見てはいけないもの」を見たくなり
「聞いてはいけないこと」を聞きたくなり
「知ってはいけないこと」を知りたくなります。

あなたにも経験があるのではないでしょうか?

恋人の携帯をチェックしようと思ってやめたこと。
内緒話に耳を傾けたくなったこと。
未成年なのに喫煙者の世界を知りたくなったりしませんでしたか?

このように秘密めいたもの、謎めいたものに惹かれるのが人間の心理です。

最初はクールに

この心理を利用するとなると
女性にはあまり自分のことを話しすぎない方がいいわけです。

まったく話さない、ということではなく
基本的に女性からの質問待ちというのを意識してみると良いでしょう。

情報を出し惜しみにすることで「もっと知りたい」と思わせることができます。

もし女性が「あんまり自分のこと話さないよね」と言ってきたなら
あなたに好意を抱いている可能性があります。

その裏には「もっと話してほしいのに」という思いや
「自分ばかり話しているんじゃないか」という不安な気持ちが隠れています。

もしこう聞かれたら、狙い通りだと内心喜びながら
「そんなことないよ。何が知りたい?何でも聞いて」と言いましょう。

女性は自分が追いかけているような感覚になりつつ
あなたの優しさも感じることができます。

このバランスが大切なんです。

親しくなったらオープンに

女性は好意を持った男性のことはどんどん知りたいと思います。
質問の多さを脈アリの判断基準にして良いでしょう。

特に好きな男性にはプライベートな話や過去の話を聞き出そうとします。

女性があなたについて尋ねてきたなら
その時は満足できるだけの回答を返してあげましょう。

思う存分アピールできるチャンスです。
メリットは極力言わずにアプローチする

一般的に寡黙(=クール)な男性はモテるイメージですが
ずっと黙っていればいいというわけではありません。

話す時と出し惜しみする時をうまく使い分けること。
親しくなればなるほど自分の話の割合を増やしていくとベストです。

後者は、「秘密主義の男性と付き合うと苦労があるかも」というイメージを
徐々に撤回していくためです。

ですが惚れさせるまではあくまで女性に追わせることが大切で
それが無ければ進展も無いということを念頭に置きましょう。

関連記事

  1. 自己アピールよりも差別化

    女性を落とす方法

    自己アピールよりも他人との差別化

    ただ単純に「自分を知ってほしい」「自分を好きになってほしい」と自己…

  2. 女性が好きな男性の鉄板仕草

    女性を落とす方法

    女性が好きな男性の仕草まとめ

    女性をキュンとさせる男性の仕草をまとめます。ポイントは自然に行うこ…

  3. 匂いと音で女性に記憶させる

    女性を落とす方法

    匂いと音で女性に記憶させる

    一緒にいる時だけ自分のことを考えてくれていれば十分ですか?まさかそ…

  4. 女性は追いかけたい

    女性を落とす方法

    女性は追う恋愛の方が燃える

    実は、女性は追いかけられるよりも追いかけたいタイプの方が多いんです。…

  5. 女性は複数の男性と連絡を取っている

    女性を落とす方法

    女性は複数の男性と連絡を取っている

    SNSなどが発達した今、女性にはあなた以外にも連絡を取っている男性…

  6. 女性にモテるためのツッコミテクニック

    女性を落とす方法

    女性にモテるためのツッコミテクニック

    女性にボケたつもりがなくても、あなたがあえてツッコミを入れてボケさ…

女心講座とは?

女性の気持ちや求める男性像、理想のセックスについてなど様々なシーンごとにお話しています。
女性を満たすために女心を知るのではありません。
女心講座は女性の特性と考え方を理解した上で、あなたが恋愛をコントロールしていくための方法をお伝えするレクチャーサイトです。

service_banner

おすすめトピックス

  1. 女性に「何が違うと思う?」と聞かれたら
  2. すぐに「別れる」と言う女性の心理
  3. メールで「暇?」「何してるの?」と聞かない
  4. 謝ってばかりの男性に女性はうんざり
  5. 女性は付き合う前と後で態度が変わる男性が理解できない

ピックアップ

  1. メールでの脈アリ判断基準は?
  2. 女性は付き合う前と後で態度が変わる男性が理解できない
  3. 男女の友情ってあるの?
  4. 女性はギャップに萌える
  5. 女性は恋愛にトラウマがある男性に惹かれる

スポンサー

PAGE TOP